ISD個性心理学って案外面白い

心理学って聞くとなんだか堅苦しくて難しいイメージがありますよね。
しかしそれを一気に吹き飛ばしてくれたのはISD個性心理学ですね。
それってなに?と正直思いますよね。
それも聞いたことも無いものだとおかしいと疑うしかありませんもんね。
何かのインチキ商法かなって思っても不思議ではありません。
しかし、ISD個性心理学のサイトを見てみるとなるほどなぁ~と思わされるですよね。
決して危険で怪しい瓶物ではないようです。
それぞれの人の個性を説明してくれているんですが、面白いように当たっているんですよね。
無料登録をすると自己診断をしてくれるのですが損等に当たってるんですよね。
それを見ているとだんだん面白くなってきました。
他の人たちも生年月日などを当てはめていくと診断をしてくれるんですよね。
学校の先生なども会員になって勉強をしているようです。
個人を観察し診断することでその人とどう付き合えば良いのかがわかりますからね。
なんでも怪しむ前に調べてみるのも楽しいですよね。
1度ネットでISD個性心理学を検索して欲しいとおもいます。
意外と楽しいはずですからね。
他の友達にも話してみると、みんな面白いといってましたからね。
最近、ジワジワと雑誌にも取り上げられるようになってきていますしね。
暇つぶしにみてみるだけでも楽しいとおもいます。
誰が考えたのかはわからないんですけどね。

 

現役の大学生に、大学受験の勉強法はぜひ聞きたいよね

小さいころから知っている近所の子が、この春から大学生。

その妹ちゃん(年が離れているので、まだ小学生)がよく家に遊びに来るので、お姉ちゃんのハナシもたびたび出ます。お姉ちゃんのほうも小さいころはウチに来ていたのですが、さすがに中学生になると忙しくなって、なかなか会わなくなりました。

その大学生になったおねえちゃん、この辺では難関と言われている国立大学に見事合格!

でも、本人は絶対ダメだと思っていたらしくて、後期日程でどの大学を受けようかと悩み、合格発表も見に行かなかったそうです。お父さんがこっそり見に行ったら、合格していたという次第。よかったね。

で、早速、今は塾の講師をしているそうですよ。

塾に通う生徒も、つい最近、現役で合格した大学生の、大学受験の勉強法はぜひ聞きたいよね。

ただ、聞いた話では彼女の受験した年が、最後のゆとり教育世代だったらしい。

だから、浪人したら、次の年からは学習している内容量も格段に多いから、かなり不利。習っていないことも範囲に入っているから、新しく勉強しないといけない内容もあるんだって。